トマト事業

トマト事業の取り組み

イノチオ農芸(株)では、自ら農業経営を行い、栽培技術、環境管理、労務管理を実践しています。
また、マーケティング・クラスターとの連携で、流通を含めた農業経営を実践することで、
安定生産・効率向上を追求し、持続可能な農産業ビジネスモデルの構築を行います。
安心で高品質なトマトづくりを目指し、「こだわり」8か条を実践し、
自信をもって皆様にトマトをお届けできるよう日々努力しています。

トマト事業

「こだわり」8か条

  • 1. 健康な「土」

    堆肥とミネラルにこだわり、沢山のよい微生物の住みやすい、生きた土を作ることを目指しています。
    自然環境を生かし、循環型農業の実現を目指していきます。

  • 2. 健康な「苗」

    苗づくりは水管理に注意し、徒長せず、丈夫な苗づくりを目指しています。

  • 3. 健康な「根」

    健康な土から常に新しい根が出るように使用する水、根に必要な酸素を補給し、健康な根づくりを目指しています。

  • 4. 健康な「葉」

    肥料の補給は必要なものだけを与え、艶のある健康な葉づくりを目指しています。

  • 5. 適切な「環境」

    病害虫の発生が少なくなるよう、環境を整え、化学農薬を最小限に減らすようにしています。

  • 6. 健康な「果実」

    食べておいしく、もうひとつ食べたくなるトマトづくりを目指しています。

  • 7. 食べる人の「健康」

    JGAPを取得し、安心・安全で栄養豊富なトマトを皆様に届けます。

  • 8. 志を持つ「仲間」

    農業経営を行う仲間と共に日々成長していきます。

トマト事業スタッフ

農場紹介

イノチオ農芸(株)がある愛知県田原市は、渥美半島に位置し、
温暖な気候に恵まれた全国有数の施設園芸産地として知られています。
ここでは当社の各圃場とハウスの設備についてご紹介します。

  • 第二農場

    第二農場

    設立/2004年8月
    総面積/1145坪(37.9a)
    栽培作物/中玉トマト(カンパリ)

    第二農場は、オランダ技術を活かした軒高の高いハウスで採光性も抜群です。そのためトマトの仕立てをハイワイヤー方式にし、施設の空間を最大限利用しています。また複合環境制御器により栽培環境を適切に整え、農薬の使用を最小限にできるよう力を注いでいます。

  • 第三農場

    第三農場

    設立/2006年7月
    総面積/2761坪(91.3a)
    栽培作物/中玉トマト(カンパリ)

    第三農場は、全面土耕栽培を行っています。土耕栽培は、トマト本来の味を出す究極の栽培方法です。土壌分析を基に、圃場に適正量の肥料を投入し、高品質なトマト作りを目指しています。またトマトから発生する茎葉の残渣を堆肥化し、その堆肥を土壌に投入することで循環型農業に取り組んでいます。

  • 第四農場

    第四農場

    設立/2016年8月
    総面積/864坪(28.8a)
    栽培作物/中玉トマト(カンパリ)

    第四農場は、袋培地栽培を行っているのが、特徴的な圃場です。袋培地栽培とは、有機質培土を利用した栽培です。農業を始めたい方、高齢者の方にお勧めの方法です。pFセンサーを用いた自動潅水方式で生育が安定します。

安全・安全への取組み

イノチオ農芸(株)では「安心・安全」な農作物を提供する為に2006年7月にJGAPを取得しました。
ところで「JGAPって何だろう??」とお思いの方が多いのではないでしょうか?
そこで、皆様にまだあまり知られていない「JGAP」についてご紹介します。

【JGAP 4つのテーマ】
  • 農作物の安全
  • 環境への配慮
  • 生産者の安全と福祉
  • 農場経営と販売管理

上の4つのテーマを実現するため、農場管理のポイントとなる129の項目があります。
これら項目すべてを取り組むことがGAPです。
「農場管理の改善」と同時に「農産物の取引基準」となる、
「消費者側と生産者側が信頼関係を作るための枠組み」です。

私たちイノチオ農芸(株)ではJGAPと言う管理手法を取り入れて
安心・安全な高品質生産物を皆様にお届けできるよう日々努力しております。

JGAP認証農場

JGAP 日本GAP協会 リンク

イノチオグループの事業領域と構造
7つのクラスターとホールディングス

Go To Top
イノチオ農芸株式会社